第一回京都秘封ランドスケープ 二日目 第三部

第一回京都秘封ランドスケープ 二日目 第二部はこちら↓

wingman-yoshi2.hatenablog.com

 

1.鞍馬ランドスケープ

再び二ノ瀬駅に戻り、鞍馬駅を目指します。

ものすごい急勾配を駆け上がって、貴船神社の入口に当たる「貴船口駅」に着きました。こっちの方で降りていくお客さんの方が多く、車内は一気にガラガラになります。

再び急勾配を駆け上がり、「鞍馬駅」に着きました。

 

 

くそでか大天狗がお出迎えしてくれます。

大天狗...?龍ちゃん...?おっきな鼻持っちゃって...///

 

冗談はさておき、終着の「鞍馬駅」は鞍馬寺の玄関口に当たります。

鞍馬寺は天狗伝承で有名な寺院です。そのため、このようなモニュメントが置かれているみたいです(どうも運転再開を祝うものらしいのでいつまで設置されているのかわからないけど)。この写真の奥の方には旧式の車両が置かれていますが、少し時間が押しているので今回はパスしました。

 

駅から徒歩2分もしないくらいで鞍馬寺の入口に着きます。

 

 

 

後ろに見える階段を登っていくと山門があり、そこで入山料を払っていよいよ寺を目指していきます。入山料はそれほどかかりません。

ここから先はしばらく登坂となります。

 

 

 

参道の途中、神社がありました。

 

 

由岐(ゆぎ?)神社です。ここの御祭神には少彦名が含まれているとのこと。

東方的に言えばここも聖地のひとつであるため、中を見ていくことにしました。

 

 

 

元々は京都御所にあった神社だそうですが、1000年以上も前にこの地に遷座したとのこと。火祭りで有名だそうで、日本三大火祭・京都三台奇祭に数えられています。

正月の雰囲気がまだ抜けていないためか、飾りがかなり派手に見えました。

そしてまた参道を登っていきます。

 

 

 

 

鞍馬寺の入口からもう随分と登ってきました。階段はそれほど急ではないとはいえ、普段から運動する人でなければちょっときつめに感じるかもしれません。

ですがご安心を。参道の横にはケーブルカーがあり、それを使えばかなり楽をすることができます。僕はケチって使いませんでした....。

 

ケーブルカー利用者と合流する地点から少し登ったところに目的のランドスケープがあります。

 

 

鞍馬ランドスケープです。

控えめに言って良い。

原作者様の風景センスには脱帽です。

ちょうど手水所にかかる木から秘封倶楽部を見下ろす天狗の影...。

尊い

ちょうど明日が京都合同であることも合わせるととてもぴったりな場所です。

ここで20枚くらい同じ構図で写真撮ってました。

だって良すぎるんだもん...。

はぁ...。ヤバいでしょここは、破壊力高すぎ...。

天狗伝承が直接伝わる鞍馬と、世界の不思議を暴く秘封俱楽部の相性が悪いはずがないもん。

寒くなって張り詰めた空気も◎。夕方に近づいてきているのも◎。ここが幻想郷の入口か(違。

 

ハイ、一通りの撮影が終わったため鞍馬寺本殿に向かいます。

ランドスケープ撮影場所から階段を登ってすぐです。

 

 

1月の京都はたまに雪が降るので、本殿前には雪が貯められています。ここまでの道のりがかなり濡れていたのもそのためです(昨日の関ヶ原あたりの積雪具合を見ればそれもそう)。

 

本殿に入り参拝してきます。本殿内部は撮影禁止のため、カメラの電源を落としレンズの蓋を閉めます。

 

本殿内部はかなり暗く、ろうそくの明かりと外部から取り入れた光がほとんどでした。ここで祀られているのは、千手観音菩薩毘沙門天、護法魔王尊。暗くてほとんど見えませんでしたが、この場所が厳粛な場所であることがひしひしと伝わってきました。

毘沙門天が祀られている、ということでここも東方聖地のひとつとみなすことができます。

本殿内部に事務所のようなものがあり、ここでお守りや御朱印を貰うことができます。

僕はここで何も買うものはないだろうな~なんて思っていたら、そんなことはありませんでした。

 

(ホテルにて)

 

まず、御朱印帳を初めて買いました。続けて御朱印を2つ頂きました。1つ目は通常のもの、もう1つは毘沙門天出現1250年祈念の御朱印です。今年は寅年であることに加え、この御朱印は2022年限定とのこと。オタクは限定に弱い、これだから困る。

???「限定品なら今手に入れておかないと損ですよ?」、大天狗の女が心の中で囁いてきました、典め...(八つ当たり。

もう一つは降魔扇。天狗がよく持ってるやつです。ぶっちゃけ文ちゃんに憧れて買いました。あれかっこいいと思います。

 

そんなこんなで本殿から出てきました。やっぱり本殿内と外では空気が違う。別世界から帰ってきた感じです。

 

さて、次の目的地は貴船神社。今日最後のランドスケープです。

鞍馬寺からは山道を歩いていくことで到達することができます。

ここからはしばし軽いハイキング。鞍馬の大自然の中を歩いていきます。

 

 

こんな感じの山道を歩いていきます。この手前には展示館がありましたが開館していなかったのでスルー。どんどん奥へ進んでいきます。

 

 

息つぎの水。

 

 

屏風坂の地蔵堂

 

 

木の根道。

 

 

背比べ石。

この近くには「天狗の卵」なる石がありました。

皆さん、天狗は卵生です。あんなこんなウスイホンがどんどん生まれそうですね(歓喜)。

 

 

大杉権現社。倒木により社殿は見る影も形もありません。

 

この辺りが鞍馬~貴船間で最も標高が高くなる地点です。ここから先は基本的には下りです。

 

 

幻想郷っぽいところその1。下から見上げる構図になっていますが、個人的には博麗神社に向かう参道ってこんなもんじゃないかなぁと思っています。

しばらく下ると寺院やら何やらが見えてきます。

 

 

不動堂です。ここは最澄に縁があります。また、この近くには義経堂があります。この付近で義経が天狗に稽古を付けてもらった伝説があるそうです。「僧正ガ谷」という沿う.

 

再び歩みを進めます。

 

 

「神域」「聖域」という言葉がふさわしい場所です。この時は僕以外の現代文明を持ち込むような人類はいなかったため、さらに雰囲気にバフが掛かります。もはや自然の圧力、というか圧迫感が凄まじいです。人一人寄せ付けない何かを感じます。神隠しにあっても不思議ではありません。人知れずひっそりとこの世からなかったことにされる、そんな現象を引き起こす「何か」が潜んでいる、ヤバい、早く山を下りた方がいいんじゃないか。でもこの山から離れたくない。この山こそ、幻想の入口なのではないか。現代文明から隔絶された、日本に残る最後の楽園の入口なのではないか。そうも思わせる雰囲気も持っていました。

 

この先にこの地最後のラスボス、もとい元締めがあります。

 

 

魔王殿です。これが正式名称です。

ここに650万年前、金星から護法魔王尊が君臨したと伝えられています。

ここはパワースポットしても名高いことは後で調べて分かりました。この時は何も調べずにこの地にたどり着きましたが、言われなくても分かるくらい雰囲気が他のところと違います。鞍馬の源流はここにあると言ってもいいでしょう。

 

一通り空気を堪能し、いよいよ現代社会に帰還します。

だいぶ下ってきたと思ったのですが、まだ人の子らの出す生活音などはまったく聞こえてきません。川の水が流れる音しか聞こえないです。

 

 

 

 

ここ幻想郷っぽいところ②。

奥へと続く妖しい道になっています。入ってはいけない、けどその奥に進みたくなる。

そんな空気を醸し出しています。

この地点ではすでに川の音が大きくなり、時折車の走行音が聞こえます。

 

幻想郷の一端を垣間見た気分に浸りつつ現代社会に帰還します。

 

 

この橋のかかる川は貴船川。

次はいよいよ今日最後のランドスケープである貴船神社

ここから目と鼻の先です。

 

2.貴船ランドスケープ

 

貴船(きふね)神社はかなり歴史のある神社です。正確な記録は残っていませんが平安時代くらいからの歴史があります。

御祭神も複数おり、歴史が深いことが窺えます。東方関係では関連するものとして、木花開耶姫玉依姫も挙げられます。

また、ここは丑の刻参りで有名です。丑の刻参りと言えば水橋パルスィ。ここも立派な聖地です。(まさか一か月後にホントに降臨するとは思ってもいない顔)

さらに、貴船神社は絵馬発祥の地とも言われています。最初は生きた馬を奉納していたのを、馬に見立てた馬型の板を奉納するようになったことが始まりと言われています。

 

なんやかんや見るところがいっぱいある気がしますが、ひとまずはランドスケープに集中。

 

 

 

貴船神社鳥居です。鞍馬寺に比べると若くてしかもカップルが多い印象。それもそのはず、ここは縁結びでも有名な神社です。そりゃ来ますよね。僕は知らんけど。

 

鳥居をくぐり撮影スポットに到着します。

 

 

三脚なしの夜間撮影で手ブレが心配でしたが、設定を弄ってなんとか写真にすることができました。雰囲気出るなー。

 

 

このあと登っていき本殿を参拝していきました。さすがに暗くなってきた居るので御朱印等の受付は終了していました。

 

というわけで今日は終了。京都駅へ向かいます。

 

〈オマケ〉

貴船神社からの帰り道。

 

 

めちゃくちゃ暗い中を帰りました。周囲を山に囲まれているため、暗くなるのがホントに早いです...。車がホントに近くを通るため、スマホのライトをつけこちらに歩行者がいることを積極的に知らせます。

 

 

途中で社を見つけました。ここには木花開耶姫が祀られてるとのこと。お参りして夜間行脚の安全を祈ります。

 

 

無事に駅に着きましたが、電車の本数が少なくなるあと一歩手前のところまで来てました。あぶねぇ...。

 

第一回京都秘封ランドスケープ 三日目 第一部へ続く

 

第二回京都秘封ランドスケープ with 叡電東方コラボ 第一日目

どうも、こんにちは。

今回からは、2月初めにあった叡電の東方コラボについて書こうと思います。

行ったよ、という方も多いのではないでしょうか。

京都を再び再訪する予定があったとは言え、まさか1カ月で再訪することになろうとは...。

というわけで、界隈を少しざわつかせた件のコラボと、ちょっと秘封ランドスケープをしてきたのでここに書き記します。

 

序.報せ

あれは大学の期末試験に向けて勉強している最中のこと。

いつも通りTwitterを開いたら、東方界隈を中心にフォローしているアカウントが何やら騒がしい。

何だろうな~と思っていると、どうやら京都の叡山電鉄が東方とコラボ企画をするらしい。ちゃんと上海アリスも方とも話をつけてあるみたいだという。

内容は、各スポットにキャラのパネルが立っており、それをスマホアプリでスキャンするとしゃべるというもの(!)。

それをもとにスタンプを集めるとノベルティがくじ引き方式でもらえるというおまけ付きで、すべてコンプリートすればノベルティ全種が貰えるとのこと。

キャラに関しても、霊夢魔理沙レミリアといったメジャーなものではなく京都に関連したキャラが起用されているという、まさにオタクほいほいっぷりである。

もちろん、僕もそれに釣られた一人。

 

善は急げということで、2/9からの京都行を敢行することに。

事前に専用アプリをダウンロードして、いざ京都に向かいます。

 

1.京都駅

いつも通り(?)東海道本線に乗って京都を目指します。

卯酉東海道が心に沁みる...。

今年2回目の京都ですが、やはり東海道線の浜松‐豊橋間は時間的にも、料金的にも痛い。その後は爆速だけど。ぜひとも昼間でも、この間を爆速通過する列車を設定してほしいものだ...。

 

今回は11時前には京都駅に到着。

ホントにほぼ1カ月ぶりくらいに来ました。懐かしい(懐古厨)。

前回京都駅を回ってる最中に気になる撮影ポイントがあったので撮ってみました。

 



京都駅は半屋内の構造が凄いと聞いていましたが、なるほど、納得です。

これなら衛星カフェテラスごっこができそうだな.....?

 

迷路みたいな名古屋駅地下街や東京駅とは大違い、とてもシンプルで僕は好きです。

特に気に入ってるのは、3階部分のカフェ。ぜーったい秘封倶楽部の集合場所になる。

いつかは行ってみたい。

 

京都駅の散策を一通り済ませ、いざ叡電のターミナルである出町柳駅に向かいます。

 

2.出町柳駅

京都駅から地下鉄を使い乗り換えること2回、京阪本線出町柳駅に着きました。

京都市営地下鉄の料金が高いのちょっと応えますね....。

京阪本線もたった数駅なので、ちょっと割高気味。

京都を巡るにはレンタルサイクルが良いとは、ホントその通りです。

 

それはさておいて、京阪本線の改札を出て、叡電のターミナルがある地上へと上がっていきます。

 

 

冬空の下、いい晴れの日です。

 

さて、この駅はスタンプラリーの起点でもあります。

いやぁ行った人なら分かると思うんすけど、もう堂々とパネルが立っています。

ついついニヤニヤしちゃいましたね。

 

駅で一日フリー切符を買う前に、しばらく眺めてみます。

なるほど、この駅にスタッフが配置されて色々対応しているみたいです。

今日の分を終えた人たちが、続々と駅の一角に建てられたブースに向かい景品交換をしています。

大体皆さん全制覇しているみたいです。

Twitterでも景品の減りがかなり早いみたいなツイートを見かけたので、少し早回しで行きましょう。

 

出町柳駅には風神録からの意外なキャラが...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喋ったぁぁぁぁぁ!

 

 

というわけで一人目のお出迎えは鍵山雛。まさかまさかの起用。

 

 

叡電、分かってるじゃねぇか。

 

 

いやまぁ、ソシャゲで喋ってますけど、現実世界とリンクした画面で喋ってるのは中々ないですよ。

そもそも東方キャラが喋ってる機会はソシャゲ以外ではあまり無いですからね???

 

しかもしかも秋葉原とかにこのパネルが立ってるなら分かりますよ。でもここ京都の街中ですよ?京大も近いかなりの街中ですよ??

しかも霊夢とか魔理沙ではなく鍵山雛ですよ、革命ですよこれは。

こういうパネルが立ってるのがとても新鮮。いやぁめっちゃ良いっす。

かわいい。

 

雛ちゃんは一通り今回の企画に関して紹介してくれました。

一通りの説明をうんうん聞いて、駅の窓口で一日フリー切符を買います。ついでに今回の企画のチラシを貰います。

 

今回はコラボラッピング車両も走っているという話なのでそれも狙っていきます。

いやー待ち遠しい。

ところが今日一発目の電車はラッピング車両じゃない模様。調べたところによるとどうやら1両のみらしい。

 

運ゲーじゃん。

 

というわけで乗れるよう祈りつつ次の目的地へ向かいます。

 

3.一乗寺駅狸谷山不動院

次の目的地は一乗寺駅です。

この駅にもスタンプラリーポイントが設置されています。

フリー切符を車両前方の乗務員さんに見せ降車。

居た居た。

 

藍様!

 

 

(声だけしか聞こえねぇ...。そういう不具合があるって聞いていたからまあ想定外ではないけど.)

藍様めっちゃラーメンおすすめしてくる。なんだこの傾国の美女は。

あとで行きます。

ここで気になったことが一つ。あんたのご主人と式神はどこ行ったんだ....。ご主人は電車を召喚するから相性は良いと思うんだ...。スペカ名ちょっと縁起でもないけど。

橙はどこ行ったし...。まぁ今回はそれよりももっと京都に関係のあるキャラが居るからなのかなぁ...。

さて真面目な話、京都と藍様の相性はかなり相性が良いと思う。

平安時代に宮廷を誑かした九尾の狐の伝承があるか起用されたと思うんだけど、

僕はそういうの大好きですもっとやれくださいお願いします。

歴史ネタと絡めやすいキャラの数は、東方だとかなり多いからとても良いと思うんだ。

さて、この駅で一旦叡電から離れ、山の方にある寺院に行くために東に向かいます。

 

次に向かうのは狸谷山不動院

狸っていうくらいだから、そういうキャラが居ると思いますよね。

でもまぁあの人は京都ではない気もするが...。

まぁ見てのお楽しみということで行きましょう。

 

狸谷山不動院はどうやら地域では交通安全で有名らしく、道行く車のほとんどにステッカーが貼ってありました。かなり地域に根付いています。

さて、徐々に坂が急になってきます。

 

この段階で結構きつい。割と歩くことに関しては自信はあるんだけど、目的地に着く前にこれはちょっと効く。

 

 

自動車向けの祈祷殿がありました。相当な信仰を集めていることが窺えます。

このあたりから、谷が未知のすぐ脇にまで迫ってきて鬱蒼としてきます。

 

狭めの駐車場を経て入口に着きました。

 

 

いやもうマミゾウでいいじゃん。

 

あっ、ちなみ今回はマミゾウはいないですよ。

 

 

伏見稲荷みたいな鳥居が連続で続く参道を横目に階段を登っていきます。

 


途中えげつない階段がありました。さすが山の中にある寺院です。

 

 

途中地蔵がたくさん並んでいるところがありましたが、写真を撮り忘れていました。不覚...。

 

ここを過ぎるといよいよ信徒会館,そして本堂です。

 

信徒会館の本堂側に本日2つ目のスタンプラリースポットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

それでは皆さんご唱和。

 

えっちの妖怪がよ!!!

 

 

いやぁ、これはなかなか強調してますね、特に太ももの部分とか。

おっぱいもかなり強調されてるので、これは話題性高そう。あと何も知らないでここに来ると、とても困惑しそう(小並感)。

ボディラインが強調されすぎて、Twitterで時々流れてくるイラストと変わらないことに気づきました。

そういえばまだ、星蓮船はノーマルクリアしてないので、そのうちクリアして会いに行こうと思います。

 

それでは最後に一言。

 

えっちです。

 

お寺から出て、再度一乗寺駅へ向かいます。

藍様も言っていましたが、一乗寺周辺は京都屈指のラーメン激戦区と言われるほど、ラーメン店が多いです。(大学が近いと必然とそうなると思います。大学生の主食はラーメンです。)

 

ということでお昼は必然的にラーメンになります。

東大路通りの「あらじん」というところで食べることにします。

味噌豚骨と醤油豚骨の店です。

 

 

かなり好きな部類の味でした(食レポ下手)。僕の大学の周りにも某有名チェーンの醤油豚骨のラーメンはありますが、僕はこっちの方が好きです。

どうも一人で全部やってるらしく、大変そうであったのがとても印象的でした。

元々某ラーメンチェーンでバイトしていたことありますから分かりますよ、その大変さ....。

 

美味しい昼食を食べ終えたところで次の目的地に向かいます。

 

4.修学院駅宝ヶ池駅八瀬比叡山口駅

 

次は修学院駅

一乗寺駅から先は、一駅ごとにスタンプスポットが配置されています。

 

では修学院駅に行きます。

あっ、そういえば今日はまだラッピング列車を見ていないなぁ...。早く乗ってみたい...。

 

修学院駅に着きました。

 

ここいるのは...。

 

 

 

みょんちゃんこと、魂魄妖夢

 

怪しいって言われました。ハイ、アヤシイオタクデス...。

とりあえずスタンプっと...。このままだと斬られそう...。

 

みょんちゃんがいるってことはその主もいるわけで...。

今日中に行けるといいな...。

 

どんどん行きます。次は隣の宝が駅。

宝が駅は鞍馬と比叡山行きの電車の分岐駅です。

というわけでそこそこ大きな駅になっています。

さぁ、そこに居たのは...。

 

 

 

 

 

 

こがさてゃん!!

 

多々良小傘です。かわいい

小傘ちゃんが今回起用されたのには、かなり京都に縁があってのことだと推測しています。

実は前回のランドスケープで通過した知恩院に縁があるのです。知恩院には忘れ傘の伝承が残っており、今でも実際に見ることができるそうです。

忘れ傘の付喪神である小傘ちゃんは、今回のコラボにまさにぴったりの存在です。

今回のコラボ本当に分かってる。

 

このあたりから若い団体さんがちらほら見えてきます。ド平日なのにいるのは、大体大学生グループです。

おおんっってなってました。(意味の分からない呻き)

いやぁ周りにいるんすね、同好の士。僕の周り中々いないんですけどどこに行ったんでしょう?まぁいいや。

 

次の駅に行きます。次は比叡山の登山電車入口にあたる、八瀬比叡山口駅に行きます。

 

といっても分岐してから2駅の場所なのでさほど時間はかかりません。

 

ここには近頃出番をたくさんもらっているキャラ①が居ました。

 

 

 

 

 

 

こおにこと伊吹萃香

ぼくも呑むぅ!

失礼しました熱盛でした。

古代の怪異関係で行けば鬼も絡んでくるでしょう。

伊吹萃香や星熊勇義をはじめとした、東方にでてくる鬼にはちゃんと元ネタがあります。その中の酒呑童子伊吹萃香の元ネタではないかと目されています。

京都には大江山という山があり、伝承によると、ここで鬼の一団が殺されたなんという物騒なお話が残っているそうです。

少なからず、京都に関係するキャラということで間違いないです。

ちなみに秘封ランドスケープのなかには、酒呑童子首塚であるとされる首塚大明神があるので、そのうち行くことになるでしょう。

 

ひとまずはここらへんで区切りが良いので。

まだ一日目が終わっていませんが、とりあえず全部巡ります。

 

第二回京都秘封ランドスケープ with 叡電東方コラボ 第二日目へ続く。